フィナステリドとミノキシジルで厄介なAGAの薄毛改善

SONY DSC

国内の民間育毛剤では対処が難しいと呼ばれているAGAによる薄毛。有効な治療成分はフィナステリドとミノキシジルしかないと言われていますが、それでも治療は大変です。

ですが、両者を組み合わせると改善率は90%を超えるとも呼ばれています。

フィナステリドはAGAの犯人を防ぎ、抑える薬です

フィナステリドは特定の酵素の働きを防ぐ事により男性ホルモンを阻害する薬で、薄毛の原因であるジヒドロテストロンという男性ホルモンが生成されるのを防ぐ効果があります。

その為、薄毛の根本的な犯人を抑える薬と考えれば理解しやすく、AGAに対して高い効果を発揮する事も納得できる薬です。

主に服用タイプの薬で、性欲減退などのリスクはあるものの、単体使用で改善率は7割を超えるとも言われています。

ミノキシジルは発毛を促す、アクティブなタイプの薬です

フィナステリドを未然に防ぐタイプの薬とすれば、ミノキシジルは積極的に発毛を促すポジティブな薬です。

ミノキシジルの効果は、使用する事で血管を拡張し、滞りがちな頭髪の血行を促進し、発毛細胞の毛母細胞や毛乳頭に強烈に働きかける事によって発毛を行う仕組みになります。

元々血圧の薬として開発され、その副作用で発毛してしまう薬ですが、今や発毛の為の薬といっても良く、とても高い効果を発揮する事で知られています。

両者を組み合わせる事で、育毛サイクルを確立を実現

前述のようにフィナステリドとミノキシジルは全く違う作用をする点が特徴です。その為、併用による両者の競合による弊害が起き難く、組み合わせとしての相性が抜群なのです。

薄毛の原因である男性ホルモンを防ぎつつ、血行促進を行う事で発毛と育毛を行うという理想のサイクル形成となります。

医療現場でも使われる、驚異的な薄毛改善率と信頼性

実際、日本の頭髪治療を行う病院やクリニックにおいても両者の併用治療を行うケースは多く、その薄毛改善率は9割以上とも言われています。

その為、薄毛改善を狙った両者の組み合わせは現代社会で最も効果が高いと言ってよい対策だと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク