IGF-1理論とフィナステリドで驚異的発毛、AGAを解決

220px-Finasteride.svg

いわゆるAGAによるM型の薄毛に悩まされ続け、風が吹くとペロッとめくれてしまうと本当に恥ずかしく、辛い思いをしてきました。

AGAは普通の育毛剤が効き難い点が問題ですが、フィナステリドとIGF-1理論を組み合わせた方法により、6ヶ月ほどで育毛に成功しました。

IGF-1活性化にはサプリと食事の改善で取り入れました。

IGF-1理論とはイソフラボンとカプサイシンの組み合わせで発毛成長因子とされるIGF-1を活性化させるというものです。

言葉にすると難しく感じますが、私は一味唐辛子を摂取する事でカプサイシンを補給、イソフラボンはサプリメントで補っていました。大豆でもイソフラボンを補給できるのですが、日々大豆を取り続けるのは難しく、サプリを選択したのです。

同時にフィナステリドでAGAの原因の働きを防ぎます。

フィナステリドは薄毛治療薬として非常に名高く、AGAの原因であるリダクターゼの働きを阻害する事で、頭髪の成長周期を整える効果があります。私はその一つである、プロペシア呼ばれる薬を使い育毛に励みました。

プロペシアは発毛というより抜け毛を防ぐ形になるのですが、効果は本当に素晴らしいです。飲むだけで良いので簡単に利用できるメリットもあります

両者の併用で抜け毛現象から、念願の発毛へと変化。

両者の併用効果はとても大きなもので、私の悩みであったAGAはたちまち改善へと向かいました。まず、使用1ヶ月目ほどで抜け毛の数が減少し始め、3ヶ月目あたりになるとその量に明らかに差が現れはじめます。

そして、4ヶ月を過ぎた辺りからIGF-1のお陰か髪が以前より明らかに太く、しっかりした生え際となってきたのです。6ヶ月経つ現在では最早全体的に産毛が成長し、薬やサプリも不要となりました。

育毛成功の為には、AGA対策の継続性がとても大切です

凡そ6ヶ月で深刻だったM型の薄毛を改善できた事は、我ながら本当に驚きに値する成果でした。成功の秘密は二つの対策法の併用ですが、大切な事は継続しやすい摂取方法の選択です。

育毛剤には内服から食品、塗布まで様々な摂取方法がありますが、自身が続けやすいと感じる手段の選択が大切でしょう。続けられなければどんな方法も効果を体感する事はできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク