洗髪方法を揉み洗いにしたことで抜け毛が大幅に減少しました

ペンネーム:ジュンセイさん(30代男性)

薄毛が気になり始めたのは、25歳を超えた頃からでした。男性型脱毛症の典型で、生え際が後退していくM字型の薄毛です。薄くなり始めた頃は、前髪で隠すことが出来たので気になりませんでした。

しかし、薄毛が進行していくと前髪では隠しきれなくなってしまい、薄毛対策を考えるようになりました。

私が実践した方法は、シャンプーを変えて揉み洗いをする薄毛対策です。シャンプーはノンシリコンの刺激がないタイプのシャンプーに変えて、あまり強く擦ったりしない洗髪を心がけました。

薄毛は毛髪サイクルが狂ってくることで進行し始めると言われています。私の場合も、まだ生え始めて間もないような短くて細い毛が抜けることが多く、洗髪の際にはかなりの量の抜毛がありました。洗髪する方法を変えてから3ヶ月くらいで抜毛の量が減り、薄毛の進行を止めることが出来るようになりました。今では洗髪時の抜毛が大幅に減ったことを実感しています。

揉み洗いでの洗髪は、頭皮の汚れが落ちないのではないかと不安になることもあると思います。

ですが、実際に揉み洗いをしてみると頭皮の汚れは確実に洗い流せることが分かります。以前は手で強く擦りながら洗髪していたので、これから成長していく髪の毛が抜けてしまうことが多かったのです。そのため、本来は生えてくるはずの髪の毛が抜けてしまい、薄毛が進行していくという悪循環でした。

シャンプーを刺激の少ない物に変えて、揉み洗いを実践することで抜毛を減らすことが出来るのでお薦めです。揉み洗いをする際の注意点は、指の腹で優しく頭皮を揉むことです。強く擦ったりすると、生えかけの髪の毛が抜けてしまうので注意しましょう。

薄毛対策は、いかに抜毛を減らすことが出来るかがポイントだと思います。特に洗髪時は抜毛が多くなりがちなので、今後も洗髪方法には注意していこうと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク