血流改善で栄養を行きわたらせることが薄毛対策として効果的です

ペンネーム:血巡り良雄さん(30代男性)

薄毛や抜け毛の多さを認識するようになったのは20代後半からです。これはまずいと思いインターネットで色々と対策法を調べてみると、養毛剤や育毛剤に頼るだけでなくセルフケアをすることが大切だと感じました。

私が特に気を付けているのは血流を良くすることです。なぜ血流かと言うと、頭皮や髪の毛に栄養分を運ぶためには頭皮の血流がしっかりとしている必要があるということを知ったからです。つまりどれだけ良いシャンプーを使っても血流が悪く毛根がだめになってしまえば、抜け毛へとつながるわけです。それで血流改善には何が必要かという点に重きをおいた薄毛対策を行いました。

具体的に行ったこととしては、頭皮マッサージと頭皮を清潔に保つ事です。抜け毛が気になってくるとどうしても髪の毛を大事に扱おうと考えてソフトに髪の毛を洗ったり、腫物を扱うかのように慎重になりすぎることもあるかもしれませんが、ある程度刺激を与えて血流を刺激することも必要です。それで、シャンプーの際はしっかりとマッサージをするようにして頭皮全体に軽い刺激を与えるようにしています。そしてシャンプーはよく洗い流すようにして清潔に保つようにも意識します。

これに加えて食事も油脂分が多い食事はなるべく避けることや刺激物を多く取りすぎないようにすることも血流改善に役立つようなので意識しています。こうした意識を8年近く続けていますが、髪の毛は数年前と変わらずあることを考えると効果があると思います。

これからも同じように頭皮の血流ケアを行っていきたいと思います。睡眠や運動も大事なようなので健康維持と頭髪維持のためにこうした点にもこれからは取り組んでいきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク