つげブラシでブラッシングし、お風呂あがりにヘアトニックでケア

ペンネーム:ミチコさん(40代女性)

若い頃は毛量も多く、髪自体も1本1本が太くコシがあり髪全体にボリュームがありました。ところが年齢を重ねるごとに髪が細くなるのと同時に抜けやすくなってきたのが悩みになりました。頭頂部のつむじ部分や髪の分け目が徐々に目立つようになり抜け毛や薄毛に関する対策を考えるきっかけになったんです。

女性向けの抜け毛、薄毛の予防や対策の情報をネットで調べていると、まず頭皮への負担を極力減らすことが大事だと分かりました。髪が長いとブラッシングは欠かせませんが、ブラッシングの仕方もやみくもに続けると髪や頭皮を傷める原因になってしまうと分かりました。以前は髪が絡まってしまうと、無理に引っ張ったりほぐそうとして結局抜け毛を増やしてしまっていました。今は丁寧にブラッシングして毛の絡まりはブラシで優しくほぐすようにして抜け毛を減らすようにしています。

ブラシ自体もプラスチック製の物から、静電気を起こさず頭皮への肌あたりが良いつげの木製ブラシに変えました。髪もスムーズにとかしやすく先端が丸くなっているので、頭皮をほどよく刺激しマッサージ効果も感じます。

シャンプー前に丁寧にブラッシングしておいて、洗髪時の抜け毛を予防するようにもしています。お風呂上がりにはヘアトニックを頭頂部を中心につけて頭皮のマッサージもしています。髪をまとめる時も分け目を同じ位置にしてしまうと、そこから薄毛が目立つようになってしまうため微妙に分け目の位置をずらすようにしています。

頭皮の扱いやケアをつげブラシでブラッシングしたり、頭皮マッサージで丁寧にケアするようになって2年ほどですが、抜け毛が減り薄毛も予防できている気がします。あとは全体的なボリュームダウンは外見の年齢を感じさせてしまうので、太く丈夫な髪に改善していきたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク