息子たちの薄毛対策に朝シャンと整髪料を禁止に

ペンネーム:よーこさん(40代女性)

「人間は老若男女問わず、髪が抜ける」と、理科の先生が教えてくれてから既に○十年。でも、それ以上の知識はテレビから学んだのでした。曰く、「抜け毛は毛穴が開くタイミングで刺激を与えてしまうと、加速する」というもの。「なるほど~」でした。

なんと、起きてから直ぐに朝シャンをすると、抜け毛の量が増えてしまうというのです。頭皮の毛穴は、午前中は緩んでいるために、激しいブラッシングやシャンプーなどの刺激で抜け毛を誘発してしまうとこのと。

これは一大事!部活動に励む息子たちは、最近デオドラントに敏感。学校に行く前にも、シャワータイムが欠かせません。そこで、「朝洗ったら、禿げるわよ!」と言い聞かせました。まあ、お年頃の男の子の体臭は強烈ですから、シャワーは続けてもらうことに。でも、シャンプーは禁止令発令中!

夜の入浴時に洗髪を行うのが理に適っているそう。そして、どんな坊主頭でもドライヤーで乾かさないとカビが生える!もう、息子たちのヘアスタイルでドライヤーなんて、電気量の無駄遣いとしか思えないのですが、禿げるのは可哀想。そこで、きちんと風を当てるように言い聞かせています。本当は、タオルでキュッキュと拭けば、水分は取れるんですけどね。

そして、整髪料は「まだ、早い!」ということ。最近の整髪料は強烈なので、軽くシャンプーしただけでは落としきれない場合があるそう。そんなことを繰り返していると、頭皮のダメージから脂漏性皮膚炎になり、抜け毛や薄毛を誘発してしまう!彼らのお爺ちゃんは、見事な禿げっぷりを誇っているので、申し訳ないけれど反面教師として話しに度々登場してもらっています。

息子たちよ!禿げてコンプレックスを抱えていると、人生は生きにくい。母の言うことを、ぜひ守りたまえ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク