スカルプケアシャンプーとタンパク質、イソフラボンで頭皮を改善

ペンネーム:うっちゃんさん(50代男性)

髪の毛の量が少なくなってきた感覚があり、気になってきたので対策をいろいろと検討して実行しました。まず頭皮の環境を整えることを実行してみたのですが、シャンプーを薄毛対応のスカルプケアシャンプーに変更してみました。

以前考えていたスカルプケアシャンプーのイメージは、頭皮の皮脂を完全に除去することによりまして正常な発毛に繋げていくものであったのですが、調べてみますと必ずしも完全除去にこだわる必要がないようです。これはどういうことかと言えば適度の皮脂が頭皮を保護する機能を有しているのが理由であり、そのためにスカルプケアシャンプーは頭皮の皮脂を必要以上には取りすぎないように設定されているとのことでした。

このシャンプーを使用しながら頭皮マッサージを実行するようにしたのですが、これは頭皮の血行を良くして発毛に必要とされる栄養素を行きわたらせるために行うようにしました。それから食習慣を見つめなおして、発毛に良いとされる食品を積極的に摂取するように心がけました。

どのような食品を摂取するようにしたかと言えば、良質なたんぱく質が効果的とされているために豆腐や豆類、そして牛乳をしっかりと飲むようにしました。さらにイソフラボンが効果的とされておりますので、納豆を毎朝必ず食べるように心がけました。ちなみにこのイソフラボンの効能として考えられているのは、男性型脱毛症の大きな要因となっている、男性ホルモンの分泌をコントロールしてくれるので有効だと思い継続して実行するようにしました。

そして結果なのですが、現在では少し髪の毛にコシが出てきたような感覚があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク