アミノ酸やイソフラボンで薄毛と髪のボリュームダウンを防ぐ

ペンネーム:ミサさん(20代女性)

薄毛で悩むのは男性だけではありません。女性も年を重ねることで髪が細くなったり、ボリュームが無くなったりなどの悩みを抱えます。女性専用のウィッグがあるくらい女性にとっても髪への悩みは大きなものです。女性も男性も歳を重ねても生き生きとした健康な地毛を保つためには若いころから意識してケアをすることが重要です。もちろん気付いた今から行う事がとても大切ですので是非行いましょう。

そもそも髪が細くなったり、ボリュームが無くなる原因は大きく分けて3つあります。一つ目はシャンプーやトリートメントなどの外的刺激による原因です。低価格で市販されているシャンプーは手に入りやすくリーズナブルなので多くの人が使用しがちですが、低価格が故に洗浄力が強く必要な皮脂までも取り去って頭皮を乾燥させてしまいます。

乾燥した頭皮は乾燥を補おうとして余計に皮脂を出してしまいその結果、毛穴を自らの皮脂で塞いでしまいます。毛穴に皮脂が詰まれば健康な毛が生えてこれませんので髪が細くなってしまいます。頭皮が乾燥していても同じです。ですので、いつまでも健康な髪を維持したいのであれば、多少値段が張っても美容室などで販売されているシャンプーで丁寧に頭皮を洗うようにしましょう。

二つ目は食生活です。髪の素材はアミノ酸です。良質なアミノ酸を体内から摂取することで健康な髪をはやすことができます。良質なアミノ酸が豊富に含まれている食材と言えば卵や魚、肉、大豆製品です。これらをバランスよく摂取することで髪の健康を守ることができます。

逆に髪に良くないものは偏った食事や油っこいものです。これらは髪の栄養不足を引き起こすだけではなく、皮脂を過剰にして毛穴を詰まらせてしまう恐れがあります。健康な髪は正しい洗浄と正しい食生活で守られます。

三つ目はホルモンバランスです。男性ホルモンが優位になることで髪の発育が悪くなったり皮脂分泌過剰になり毛穴を詰まらせてしまいます。男性ホルモンが過剰分泌されるのはストレスなどが原因で女性にも起こりうる現象です。ストレス発散や睡眠をたっぷりとるなど生活習慣にも目を向けましょう。女性ホルモンのエストロゲンが減少することでも起こります。イソフラボンの豊富な大豆製品をとりエストロゲンを高めるなどをして予防をしましょう。

こういった様々な心がけで歳を重ねても生き生きとした髪質を保つ努力をしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク