大豆食品を摂り、イソフラボン配合の育毛剤で女性ホルモンを意識

ペンネーム:アキコさん(30代女性)

私の場合は30代に入ったころから急に髪の様子が変わってしまいました。ヘアセットがなかなか決まらずとても時間が掛るようになりました。セットしてもキープ力が弱くすぐに崩れてしまう有様でした。髪質が若い頃と比べ細くなりナヨナヨとした感じになっていたのです。髪全体のボリュームもなくなってしまい髪の分け目も目立つようになり地肌もくっきりと見えるようになっていました。

私は、これはきっと女性ホルモンに関係しているのだなと思いました。以前、雑誌で女性は30代になると女性ホルモンが減って行き身体にいろいろと影響が出てくるという記事を読んだことがあったのです。そして、その対策としては大豆イソフラボンを摂ることが良いとも記事には書いてありました。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをして髪のハリやツヤなど育毛に効果があるようなのです。髪のためにも女性ホルモンのバランスを保つよう心掛けようと思うようになりました。イソフラボンは大豆食品に多く含まれいるということで納豆や豆乳を多く摂取するようにしました。

また調べてみるとイソフラボン成分が配合された育毛剤があることも知りました。お値段はちょっとしましたが、やはり髪は大切なので買ってみて使い始めました。夜、髪を洗ったあと頭皮に染み込ませるようにマッサージしながら育毛剤を使い続けました。なかなか自分では効果が実感できなくて止めようかなと思ったこともありました。

でも、使い始めて半年後くらいに友人から「髪にボリュームが出てきたみたいだね」と言われ育毛剤の効果が出ているのかと嬉しくなりました。育毛は短期間では効果が出ないと思うので我慢強く続けていこうと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク