セミロングヘアをキープして、ブラッシング時に髪が絡まるのを防ぐ

ペンネーム:ミユウの母さん(40代女性)

わたしの薄毛対策は髪をこまめにカットすることです。髪を伸ばさないようにしているのです。髪を伸ばしてしまうとどうしても薄毛に見えるからですが、髪を短くすることでそんなに薄毛に見えないことに気が付いたのです。と言っても、極端に髪を短くしているわけではありません。女性らしさは残しておきたいですから、肩辺りまでの長さになるようにカットしてもらっています。

セミロングと呼ばれているくらいの髪の長さだと薄毛に見えにくいと思います。それ以上髪を伸ばしてしまうと髪の重さで下へ引っ張られるので、髪全体がペタッとした感じに変わってしまいます。髪にボリュームがある女性ならロングヘアもさまになるのでしょうが、髪に年齢が現われはじめたらロングヘアではちょっと無理があると思うのです。

セミロングくらいの長さにカットしているとパーマをかけなくてもふわっとした感じが出せるので薄毛に見えることはありません。トップの方も下へ引っ張られる感じがないのでペタッとつぶれる感じがなく自然です。

本当はロングヘアが好きで若いころはロングヘア一本だったので、初めはセミロングまで髪をカットするのは勇気がいりました。だけど結局セミロングヘアの方が毎日のブラッシングにしても楽ですし、ブラッシングの際に髪の絡まりがないので無駄に髪を引っ張ることもなくなり抜け毛が減りました。ロングヘアだとどうしても髪が絡まってしまうので、それも髪や頭皮に悪かったと今なら分かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク