髪と頭皮のダメージを防ぐため、ヘアカラーやパーマを控えてます

ペンネーム:るびままさん(40代女性)

抜け毛対策としてわたしがやっていることは、ヘアカラーやパーマをほとんどやらないということです。若いころオシャレのためにずいぶん自分の髪と頭皮をいじめてきました。自分の髪と頭皮をいじめているなんてことに気が付かなかったのです。若気の至りとは、よく言ったものですが、髪の毛のことだって自分で髪にダメージを与えることをこりもせず選び続けてきたのですから、年を取ってから薄毛の兆候が出始めたとしても何もおかしくありません。

それだけ、髪や頭皮の健康など気にかけずやりたいようにしてきたのだから、いまさら後悔したって始まらず、後悔する暇があったらこれ以上髪や頭皮に悪いことはしないように努力することを常に心がけています。

オシャレに関心が高かった昔とは決別したという意識ではありませんが、ただ髪に関してだけはヘアカラーやパーマをやめて頭皮を守ることを続けています。しかし、どうしてもイメージチェンジがしたくなったらエクステを付けることがありますが、エクステを使うときも髪を引っ張らないように、頭皮に負担がかからないように、自分で取付け取り外しができるものを買ってきて使っています。

髪の毛を染めなくったってカラフルなエクステで髪にアクセントを出すことができます。髪に負担がかかりそうだと思ったらすぐに取り外せばいいので、我ながらなかなかいいアイデアだと思っています。いい気分転換にもなってストレスが溜まりませんし、気持ちも若くいられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク