10代で若ハゲに悩んだ私は個人輸入型の通販でプロペシアを購入

ペンネーム:たくとくん(20代男性)

私は10代の時から若ハゲでした。高校時代の2年・3年の学生証の写真を見ると、M字や円形脱毛症なハゲではないのですが、おデコがとても広く、髪を伸ばして若ハゲを隠しているのがよくわかります。「こんな若い時からハゲが進行してたら、年取ったらマズイ!」と思って、高校三年の頃からすでに通販やドラッグストアで育毛剤やサプリメント等を飲んで対策を始めていました。

ですが、その頃は何をやっても改善は見られませんでした。思春期という事もあって、男性的な作用も絶好調で元気な頃ですから、男性ホルモンも活発だったのでしょう。そして、21才頃は一番酷く、ハゲているのも問題ですが、周囲から「大丈夫?」と言われる事が多くなりました。それは髪の意味もありますが、何か病気が隠れているのではないかという意味もありました。実際何も検査しても異常はありませんでしたが…。

そんなわけで私は、早くから近所の内科にかかってプロペシアという飲む薬を処方してもらうようになりました。当時かかった内科では保険外で8000円で2週間分ほどしかもらえませんでした。学生の身分ではそれを毎月続けるのは到底金銭面で無理がありました。

そこで苦肉の策として、ネット上で、個人輸入型の通販でそれを買うようになりました。個人輸入型の通販は危険も多いので、一番利用者が多く、信用の高い通販サイトで買うようにしました。そして今でもそこを利用しています。おおよそ1か月分で6000円弱です。実際は割引セールも多くやっているので、もう少し安く済んでいます。内科処方の金額と比べればだいぶ安く済んでいます。

但し、副作用の心配がないわけではありません。やはり最盛期の頃あった男性的な作用は落ちました。といっても作用が無くなったわけではありません。漫画の「鋼の錬金術師」ではありませんが、「等価交換」な感じで何かしらの代償は必要なのは仕方ないのかもしれません。

少し懸念材料はありますが、その対策を今でも続けていた為、毛量は多くなり、高校時代よりも全然良好状態です。別にチャラ男ではありませんが、今ではちょっとした男性的な盛り髪もできる程度になりました(笑)。少し一部「少ないかな?」という部位もありますが、十分に髪の対策は成功したと思います。

関連:

若い人の薄毛にはイクオスという育毛剤が効果抜群
若い人の薄毛を改善したいと考えていても、薄毛の症状に合わせて育毛剤を選ぶことが難しくなります。また選んだものが確実に効果があるのかも...
スポンサーリンク
スポンサーリンク