ストレスを受けにくい生活習慣を心がけ、薄毛の予防をしています

ペンネーム:えすさん(40代女性)

薄毛や抜け毛の大きな原因となるものがストレスだと思います。若い人でもストレスが原因で、円形脱毛症になったりします。学生時代に髪の毛がふさふさだったのに、社会人になって数年経って会ってみたら、髪が薄くなっている男性もいます。これは遺伝もあると思いますが、薄毛や抜け毛をさらに加速させているものは、過剰なストレスだと思います。

世の中には、ストレスを受けやすい人と、受けにくい人がいます。同じ状況下でも、受け取り方は人それぞれです。ストレスを受けやすい人は、精神的にも肉体的にもかなり堪えます。それを毎日我慢して生活していると、身体の弱い部分に影響が出てくるようになります。

もともと遺伝的に髪が薄くなりやすい人は、そのストレスの影響が髪の毛に来てしまうのだと思います。遺伝がなくても、髪が薄くなったり、抜けやすくなったりします。ストレスは頭に影響を受けやすく、それで頭の血行が悪くなり、毛根などの働きが悪くなるのかもしれません。ストレスを受けにくい人の中には、もともとの性格の人もいますが、訓練をしてそうなった人もいます。ストレスを受けやすい人は、さまざまな方法がありますが、ストレスをため込まずに受け流す訓練をして行ったほうが良いと思います。

今はさまざまな方法で、メンタルトレーニングを行える機会が多くなっています。自分に合った方法で、ストレスを受けにくい心と身体に変えていきたいものです。それが、薄毛や抜け毛の予防に大きく役に立つのだと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク