薄毛予防に毛穴汚れを徹底して落とし、アロエ入りの育毛剤を使用

ペンネーム:rokoさん(30代女性)

薄毛になるのは、毛穴に汚れが溜まり、新しい髪が生えにくくなっているためだと思っています。毛穴の汚れは、毛穴を塞いでしまい、毛がしっかりと生えにくくなっていると考えるのです。そこで、毛穴を中心に、しっかりと育毛シャンプーを使い、洗うようにしています。シャンプーをする時には、毛穴の汚れを浮かすことを心がけています。

まずはお湯をしっかりとかけ、指で揉むようにして汚れを浮かしています。全体的に揉んで、お湯をかけて綺麗に洗い流してあげます。その後にシャンプーをしっかりと泡立てて、その泡でしっかりと毛穴部分を揉むようにして洗います。シャンプーをしすぎてもいけないので、3日に1度洗うようにしています。

洗った後は、頭皮を傷つけないように、髪はタオルで拭いて乾かしています。乾いたら、ミカンの皮を煮た汁を頭皮に付けて乾かします。その乾かす時には、タオルを頭に巻き、30分ほど放置します。それを必ず髪を洗った後に必ずやります。ブラッシングの際には、髪を引っ張らないようにしてブラッシングをします。

髪をブラッシングする時には、頭皮を擦らないようにしてブラッシングをします。ブラシの目は大きめのものにして、髪が引っかからないようにしています。抜け毛や薄毛対策として、アロエが入っている育毛剤を振りかけています。頭皮がしっかりと乾いたら、そこにたっぷりの育毛剤を付けて揉んでいます。このおかげで、半年ほどで白い部分に髪が黒くなってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク