禁煙、禁酒と食生活の改善で頭頂部の薄毛が劇的改善

ペンネーム:みゆきさん(30代女性)

20代後半から度々、薄毛になる傾向があるので薄毛対策や抜け毛対策に気を配っています。
あるとき、鏡をふと見たら、前髪から頭の中心部分にかけて毛の密度が薄くなっていることに気が付きました。ちょうどその時、クヨクヨと精神的に思い悩む傾向があった時期のことでした。頭の中心部が主に、薄毛になっているので、前髪をおろして生え際の薄毛を隠すというレベルの話ではありません。

これは、かなりまずいと思いパニックになりかけましたが、とりあえず慌てれば慌てるほど絶対に薄毛が進行していくと思ったので、まずはクヨクヨ思い悩むことを一切やめました。なるようにしかならないので、悩んでも仕方ないと思ったからです。クヨクヨして解決するなら得しますが、何もいいこともなく精神的にも疲弊するだけなので、思い悩むことの一切をやめました。それから半月もしないうちに、徐々に頭髪密度が改善されていることに気が付きました。やっぱり、思い悩むのはよくないと、このとき強く感じました。

次に試したことは、禁煙と禁酒と刺激の強い食べ物の一切をやめたことです。一気に全て実践したことで、これも半月もしないうちに、頭髪密度が改善しました。禁煙と禁酒、好きな食べ物が刺激の強いものなので、こういう一切を止めるというのは大変のようでいて、コツとしては、薄毛がこれ以上進行しないためには、ということを常に心に天秤にかけていることで、全てを一気に同時進行できます。

私の場合は、女でしかも20代後半という若さで誰の目で見ても確認が取れるほどの薄毛になったので、年齢と性別の割には、随分と薄いという状態では、煙草を吸いたい、お酒を飲みたいなんていう気持ちは一気に吹っ飛びました。お酒もかなり強いお酒ばかり飲んでいたので、その一切の全てを一気に全部やめました。

一気にやめたということで、半月程度で毛髪密度の改善に至り、薄毛になる前の状態に戻すことに成功しました。これから数年経過して、お酒と煙草はたまに嗜む程度になりましたが、私の場合ですが、どうも、クヨクヨしていることで薄毛率が高まるということが自分の毛髪観察から分かっているので、クヨクヨすることだけはやめるようにしています。

煙草やお酒は、今では、お酒は月に3回程度、煙草も月に10本未満になっています。この状態を数年間キープしていることで、薄毛は圧倒的に改善されました。毛髪密度が下がっていると気がついてすぐに手を打ったことが、進行を食い止められたことにつながったのかな、と思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク