温冷浴ならぬ温冷洗髪で頭皮の血行促進、若ハゲが解消しました

ペンネーム:タリンさん(30代男性)

私が薄毛で悩み始めたのは、二十代の前半の頃でした。まだ若い年齢だったのでひどくショックでした。早くどうにかしないと彼女もできないと思い、慌てて育毛剤、育毛シャンプー、育毛リンスを買ってきて使いました。しかし、薄毛が改善されることはありませんでした。むしろ安い育毛剤を使った後は、頭皮が痒くなってしまい慌てて水で洗い流してしまいました。あがけばあがく程、薄毛は進行していきました。友人にも指摘される程にまでなってしまっていました。

半ば諦めていた時に旅行に行った先の旅館で、暖かい湯船と冷たい湯船が並んでいるのを見ました。旅館の人に尋ねると、冷水と温水に交互につかることで血管を収縮させ全身の血行が良くなるとのことでした。温冷浴と言うそうです。いいことを聞いたと、これを頭皮で行うことにしました。

普通に頭を洗った後で、洗面器に冷水を入れて頭をひたします。しばらく待ってから、今度はそれを温水で。これを幾度か交互に繰り返し、最後は冷水で頭皮を引き締め終了です。この方法のいい点は、お風呂で簡単にできること。そして、お金が少しもかからないことです。

この方法は私には合っていたようで、三年程続けているうちにいつの間にか薄毛は改善していました。今では、むしろ同年代の友達に比べると髪の毛はしっかりしている方です。おかげで薄気に悩むことはなくなりました。もちろん今でも続けています。この方法の唯一の欠点は、洗面器を床に置き四つんばいになって行うので姿が少しマヌケなことと、やりすぎると湯冷めをしてしまうことぐらいです。

関連:

若い人の薄毛にはイクオスという育毛剤が効果抜群
若い人の薄毛を改善したいと考えていても、薄毛の症状に合わせて育毛剤を選ぶことが難しくなります。また選んだものが確実に効果があるのかも...
スポンサーリンク
スポンサーリンク