分け目部分の薄毛に辛いものを控え、タンパク質をとることで効果が

ペンネーム:こまこさん(40代女性)

30代の後半からぬけ毛が気になり始めました。気が付けば髪を洗うとごっそりと指の間に絡み付くように何本も抜け落ちて、排水溝にぬけ毛がどんどん溜まります。つまってしまうかと思うくらいです。

抜け毛は部屋でも起こっており部屋の床を見ると髪の毛が落ちていると言う状態で常にモップを持ってふき取ったり、じゅうたんの部屋ではコロコロ粘着シートでからめ取ったりしなければならずとても不快でした。抜け毛を観察してみるとやはり頭の上部からよく抜けているようで、特に髪の毛の分け目、少し斜めに分けているのですが、そのあたりが特に薄くなっていてとてもびっくりしました。

何とかこの状況を改善したくて、まずは食生活を見直しました。辛いものや香辛料のたっぷり入った料理が大好きだったのですが刺激物がよくないと聞き、食べるのをやめました。また髪の毛には良質なたんぱく質が必要だと思うので、鶏肉、特に胸肉やささみを中心とした料理を工夫して食べています。

そして薄毛、抜け毛の最大の原因、ストレスを溜めないように気を付けています。人間関係などのストレスはこちらで予防できないので、とにかく嫌な事があった時にはカラオケに行って大声で歌って体の中のもやもやした気持ち、不快な感情を吐き出すようにしています。とにかく悪いものを全て浄化するんだ!と言う気持ちで歌っています。

かれこれ3か月が経ちましたが、なんだか体調がよくなり、抜け毛も少し減ってきました。そして髪の毛のパサつきもあまり感じなくなりました。何より嬉しいのは薄くなったところに短い毛が生えてきたことです。これからも髪の毛の状態をよく観察しながら、生活習慣に気を付けてストレスを溜めないようにしたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク