プレ更年期による頭頂部の薄毛に、女性ホルモンと同じ働きの豆乳

ペンネーム:猫さん(40代女性)

年齢を重ねればいろいろあるとは覚悟はしていたのですが、実際40歳を過ぎるとそれはもう筆舌には尽くしがたい無残なことが次から次へと起きるものです。肌荒れ、たるみ・・・言い出したらキリがないのですが、女性にとって髪が薄くなるという事ほど、生きる気力を削ぐものはありません。「あれ?髪のコシが落ちてきたな」と思うのもつかの間、あれよあれよという間に何だか頭頂部が透けてきてしまいました。

もともとストレスが頭皮に来やすいタイプらしく、何か疲れることがあると抜け毛が増えるたり頭皮がつっぱったりする方ではあったのですが、毛のコシがなくなるといのはあまり経験した事がなかったのでとまどいました。年なんだなあ・・・半ばあきらめて暮らしていたのですが、心の中では深く傷ついていており、「毛が薄くなった」と誰かに言われようものなら、半泣きで暴れるという大分ナイーブな状態でした。

ある日、友人とよく利用する定食屋さんでランチを取っていたら、友人が「最近豆乳にはまっていてね」と話し始めました。彼女によると、40歳すぎからプレ更年期みたいになり悩んでいた時、豆乳の成分が女性ホルモンに似た働きをしてくれるという雑誌記事を読んだ、それ以降豆乳を積極的に飲むようにしているとのこと。「あんたものんだら」とすすめられ、定食屋のメニューにあった「黒蜜入り豆乳」を一緒に飲みました。

のんだら結構おいしく、それ以来定食を食べるたびに注文し、さらには家でも飲むようになりました。しばらくすると、なんだか髪のコシがマシになった感じがします。豆乳のおかげかもと思い、いまでも飲み続けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク